ブログ > 森の叡智プロジェクトが国連と一緒に

森の叡智プロジェクトが国連と一緒に

2016/05/28

みんなでみらいをが行う森の叡智プロジェクトとは?

スクリーンショット 2016-05-28 6.58.06

(経済発展=環境破壊)から(環境保護=経済発展)の仕組みづくり

環境へのインパクトは先進国より途上国の方が大きいのでは?

彼らがどのように発展するかで地球環境を左右される。

だから、途上国と一緒に(環境保護=経済発展)のビジネスモデルをつくる!

という目的ではじまったプロジェクト。

カンボジアで植林をし、洪水被害抑制と同時に植林した植物の葉や種などから「みんなでみらいを」製品の原料をつくり、日本で販売することで得る利益で新たな植林を行う<環境保護=経済発展>の循環型プロジェクト。途上国農村部にとっては森林を伐採して売るより、育てた方が収入が増え、貧困解決にもなる。

IMG_0017

平成26年度、平成27年度に経済産業省の支援事業として採択され、

平成27年12月にパリで開催されたCOP21で発表されました!

スクリーンショット 2016-05-28 6.58.33

現地の土壌改質はコズミックリバイブSで行っています。

国連開発計画(UNDP)より

森の叡智プロジェクトは地球の森林開発の未来のカタチになるかもしれないとコメント頂き、

来年より一緒になることになりました。

 

 

 

 

PAGETOP